123456789

Moi!
The day is getting longer and longer. We don’t have totally “white night” here even in the midsummer day, but the sun remains in the sky while I’m awake. So, it’s like white night. I try to enjoy the warm sunshine as much as I can because less sunshine during the winter time. Summer vacation for school students starts on June 1st. They will enjoy 10 weeks vacation. Of course without homework!

Moi!
だんだん夏至が近づいてきて日がどんどん延びてきています。この辺りは完全な白夜ではありませんが、それでも起きている時間は明るいのでほとんど白夜と変わりませんがね。冬の分までしっかりお日様の光を取り込まなければと思います。そして学校では6月1日から10週間の夏休みが始まります。もちろん宿題はなし。子ども達は大いに夏休みを満喫することでしょう。

 

This picture may make you feel cold. Anyway, I introduce Törnävä area this time.

いきなり寒々しい写真で恐縮ですが、今回はTörnäväエリアをご紹介します。

 

Törnävä Manor / Törnävä邸

Seinäjoki is quite a new city, so there aren’t so many historical buildings. There are several old buildings in Törnävä area. It is the staring place of Seinäjoki’s development. Abraham Falander Wasastjerna came to Seinäjoki where used to be a small village and started Östermyra iron factory. This white and yellow building is the manor of his son, Gustaf Adolf Wasastjerna.

セイナヨキは比較的新しい街で古い建物があまり残っていませんが、このTörnäväエリアにはいくつか古い建物が残っています。ここはいうなればセイナヨキ、発展のスタート地点といってもいいでしょう。昔は小さな村だったセイナヨキにAbraham Falander Wasastjernaが1806年にやってきてÖstermyra製鉄所を始めました。この白と黄色の建物は彼の息子、Gustaf Adolf Wasastjernaの邸宅です。

 

This house is currently used as a banquet hall of Seinäjoki City. It is open to public at events. I took this photo at the event. You may have a different impression from typical Northern European modern room.

現在はセイナヨキ市の迎賓館として使われていて、イベントの時には一般開放も去れます。こちらがその一般開放の時に撮った写真。北欧のモダンな部屋とかなり違う印象ですよね。

 

You can see this kind of buildings in this area. The backyard of the manor has a big garden that faces the river. Yes, the manor is in the rich nature. This building was used as house for blacksmith .

Törnävä邸の敷地にはこんな建物がいくつかあり、また邸宅の裏には英国式庭園があり、川も臨むことができる自然豊かな場所にあります。このピンクの建物は鍛冶屋の家として使われていた建物。

Törnävä church / Törnävä教会

The other side of Törnävä manor there is Törnävä Church. I call it “a church in the woods”. You can see a classic church at the end of the road in the woods. This building was used as a gunpowder magazine from 1827 to the 1860′. Lakeuden Risti (church) that was designed by Alvar Aalto is a famous church in Seinäjoki but some local people like this cozy church more.

Törnävä邸があるところの道の向かいにはTörnävä教会があります。私は密かに”森の教会”とよんでいるのですが、森の中の参道を進んでいくとこのように教会が見えてきます。実はこの建物、1827年から1860年代までは弾薬庫として使われていたそうです。ラケウデンリスティ教会もアルヴァ・アールト設計で有名ですが、地元の人はこのこじんまりとした教会を好む人も多いそうです。

 

The overview of the church is like this.

教会はこのように横に広がっています。

 

You can go inside of the church at mass or the events. Comparing with modern Lakeuden Risti, this church is classic, isn’t it?

ミサやイベントがある時に入ることができます。ラケウデンリスティ教会がモダンなのに比べ、こちらはクラシックなタイプの教会です。

 

Cemetery situates next to the church. If you have spare time, I recommend you to walk around the area. Christmas season is my favourite time. Those who can’t visit the grave place a candle here, I’ve heard. The combination of the white snow and orange lights of candle is really visional.

教会に墓地も併設されています。時間があれば墓地もゆっくり探索してください。
お薦めなのはクリスマス前。お墓が遠くてそこまで行けない人がここにキャンドルを灯すのだとか。真っ白な雪の上に灯された数々のキャンドルはとても幻想的です。

 

These graves are people who died at war. Each grave has a candle and a flower wreath. The night scenery has different atmosphere than day time. Which do you like more?

こちらは戦争で亡くなった人達のお墓。こちらにも一つずつキャンドルが灯されています。  リースが供えられています。夜は夜のよさがありますよね。どちらがお好みですか。

Summer Theatre / サマーシアター

Additino to Törnävä manor and church, a summer theatre is in this area. Though City theatre is closed during the summer time, people enjoy watching plays here. Even if it rains, no problem (maybe) the ceiling may protect you. You will have other experience than normal theatre. My personal advice is bringing mosquito repellent spray and thin jacket or cardigan / sweater when it gets cold.

Törnäväエリアには野外劇場もあります。夏の間は市立劇場が閉館されますが、その代わりに野外劇場でお芝居が時々上映されます。雨が降っても屋根があるので(大体)大丈夫。室内で見るのとはまた別の楽しさがあります。個人的なアドバイスは蚊よけ対策をすることと、冷え込んだ時に羽織るものを持っていくことです。

 

Off season of summer theatre, the ceilings is removed. Nobody is there. Just silence. I also like this open space with beautiful sky.

一方夏以外はこのように屋根は取り外され、閑散としている野外劇場。空が高くてこれはこれで好きな風景です。

 

Provincial Museum of South Ostrobothnia / エテラポフヤンマー博物館

This building is Provincial museum of Etelä-Pohjanmaa (South Ostrobothnia). Permanent exhibition is display of historical items that relates with this area. You can also enjoy the special exhibition. It used to be a cowshed. It looks stylish, doesn’t it?

こちらはエテラポフヤンマー地区の博物館で、この地区の歴史にまつわるものなどが常設展示されていて、企画展示もあります。この建物はもともと牛舎だったそうですが、牛舎にしてはおしゃれな建物ですよね。

If you want to go to Törnävä area, the bus goes there. Please refer it.
https://www.moovitapp.com/

ちなみにエリアに行く際は駅からバスが出ています。参考にしてください。
https://www.moovitapp.com/

 

If you like walking, Törnävä area has a walking trail. I wrote about it before. Please read it “3”, if you’re interested in it.
https://visitseinajoki.fi/ja/white-world-%e7%99%bd%e3%81%84%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%b8/

Törnäväエリアには遊歩道もあります。冬に散歩にした時の様子はこちらのブログの3をご覧くださいね。
https://visitseinajoki.fi/ja/white-world-%e7%99%bd%e3%81%84%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%b8/

 

Provinssi – one of the biggest music festival in Finland is held in this Törnävä area every June. The article is here.
https://visitseinajoki.fi/ja/

6月に行われるProvinssiという野外コンサートもこのエリアで行われています。その様子はこちらから。
https://visitseinajoki.fi/ja/

 

When you come to Seinäjoki, please visit Törnävä area, too. Iloista kesää! (=Have a happy summer!)

セイナヨキに来たら是非Törnävä地域にも足を延ばしてくださいね。Iloista kesää!(=楽しい夏をお過ごしください。)

Share This