123456789

Moi!
The best season in a year has come. The day time is very long in the summer. Northern part of Finland has white nights. The temperature is changeable day to day, year to year but it has been around 20 degrees this summer. It sounds good, doesn’t it? Finnish summer is dry, so when you are in a shadow it’s very comfortable. Trees, grasses, flowers grow very quickly during the short summer days. I feel happiness when I see the vibrant nature.

 

Moi!
1年で一番いい季節がやってきました。フィンランドの夏は白夜といわれるぐらい日が照っている時間が長いです。気温は年によって変わりますが、最近は最高気温が20度前後の過ごしやすいお天気が続いています。気温が少々高くなっても湿度が低いので影に入ったらひんやりしているのもいい点です。また短い夏の間にここぞとばかりに草木がぐんぐん育って生き生きしているのも、長い冬を耐えてきた分見ていると感慨も深くなるものです。

 

School holidays began already and summer vacation of many workers begins just after the midsummer or from July. At first I was surprised that some factories, shops, restaurants, hotels or even town halls are closed in July. People usually don’t complain even if it’s inconvenient because they also enjoy summer vacation. Instead of that many students do summer job. One of the merits is of course earning money but at the same time they can have “job experience”.

学校もお休み、働いている人達の多くが6月の夏至祭の終わり、または7月から夏休みに入ります。工場、レストラン、お店、ホテル、小さい街ではお役所なども閉まっていてびっくりしたこともありますが、夏の間は少々不便になっても多くの人は文句言いません。何といっても自分達も夏休みを楽しんでいるからお互い様なのです。また夏休みに入った人たちの代わりに学生達が夏の間アルバイトとして活躍するのもこの時期の特徴。お金を稼げるのもありますが、”経験を積む”というメリットもあるのです。

 

If my friend asked me when is the best season to come to Finland, I would say summer is the best. The day time is long and comfortable season. Furthermore, there are many events especially in the weekend in whole Finland. This time I’ll write about events held in June in Seinäjoki or near Seinäjoki.

もしフィンランドに来るとしたらいつがいいか?と聞かれたら個人的には夏とお答えします。比較的過ごしやすい季節、日が長いということもありますが、それに加えて特に週末にイベントがあちこちで行われているというのも別の大きな理由です。6月にセイナヨキ、またセイナヨキの近場で行われたイベントを今回はご紹介します。

 

International Grand Markets / 国際グランドマーケット

International markets event was held last year but this year was special. In fact 2 main streets were closed and it was full of shop tents. That’s why it is named “grand” markets. Most of them came from Europe but some came from for example, Mexico as you see in this picture.

毎年色々な国からの出店者が集まってのマーケットはあったのですが、今年はグランドマーケットと謳われているだけあり、セイナヨキのメインの2本の通りが期間中閉鎖されてたくさんの出店が集まりました。ヨーロッパからが多かったのですが、この写真の右手前のようにメキシコからというのもありました。

It was really hot day in Seinäjoki – the temperature went up around 30 degrees, so there was a queue in front of gelato shops, for example.

この日は30度前後まで気温が上がり、ジェラートのお店はさらに繁盛していました。

 

Another shop where many people queued was Australian hamburger shop. Yes, it was very unique, because you could eat meat of kangaroo or crocodile…
This grand market was held for 4 days. I visited there twice and ate same dish. It was soooo good. (And gelato!)

そして人気があったのはこちらのオーストラリア料理のお店。なんとクロコダイルとカンガルーのお肉のハンバーガーが食べられたのです。
このグランドマーケットは4日間開催され、私はおいしさのあまり2回同じものを食べました。(そしてジェラートも。)

Soini music and gastronomic Festival / Soiniの音楽&美食フェスティバル

I went to Soini that is 1 hour drive from Seinäjoki on Friday evening in June. The purpose was going to a concert that was a part of Soini music and gastronomic Festival. The population of Soini is more than 2000. People could enjoy concerts and special food during the festival. It was pity that I couldn’t eat special dinner using local food. It was cooked by chef and violinist, Jaso Sasaki. People could enjoy nice food and violin concert there. Instead of that I went to Saami band, Solju concert that was held in this building. The handmade sign says “festival office”.

6月のとある金曜日に向かったのはセイナヨキから車で約1時間離れているSoiniという街で行われた音楽&美食フェスティバル。Soiniは人口2000人あまりの村。その週末にはその名の通りコンサートや公民館で近場の食材を使ったおいしいコース料理が食べられました。その日はバイオリニストであり、シェフでもあるSasaki Jasoさんによるコース料理とバイオリン演奏があったのですが、残念ながら間に合わず参加できませんでした。代わりに向かったのはこちらの建物で行われたSoljuというサーミのバンドのコンサート。 ちなみに手作りの看板にはフェスティバル事務局と書かれています。

 

Solju is formed by Ulla Pirttijärvi and her daughter Hildá Länsman. Percussionist and keyboard player were added to Solju in the concert. They played Saami yoik with Saami language. Since I was so attracted by their performance in Seinäjoki half a year ago, I went to Soini to see it again.

Soljuはサーミ人の母Ulla Pirttijärviと娘Hildá Länsmanからなるバンド。そしてコンサートではパーカッション、キーボードも加わり、ヨイクとよばれている音楽をすべてサーミ語で演奏します。一度セイナヨキでのライブを観てその演奏に魅了された夫と私はSoiniでのこのフェスティバルに来ると聞いて駆けつけたという訳です。

I totally don’t understand Saami language, my mind traveled Lapland – freezing winter scenery or the nature with the voice of wolves. Solju recently got Best International Indigenous Release  prize in Indigenous Music Awards (IMA) in Canada.
I assume most of the attendants in the concert have never listened their music but most of them were attracted by their performance. I was lucky to get the front seat and really enjoyed it.

サーミ語は全然わからないのですが、彼女たちの演奏を聴いていると心はラップランドの凍てつく冬の風景やオオカミの鳴き声が聞こえる自然の中にトリップします。このSoljuはカナダの Indigenois Music Awards (IMA) でBest International Indigenous Releaseを受賞した実力の持ち主。コンサートを観に来た地元の人達のほとんどは彼女たちのライブは初めてだったと思われますが、演奏後は観客全員が感動に包まれていました。私達?もちろん一番前の席に陣取って堪能しましたよ。

 

Hobby horse national competition / ケッピヘボネン国内選手権

Well, have you ever heard “hobby horse”? You can find its explanation here. In short, people enjoy riding a toy consisting of a stick with a model of a horse’s head at one end. You ride this pole as you ride on a real horse. Hobby horse is very popular in Finland maybe because many Finnish girls like horse. The national competition of hobby horse was held in Seinäjoki in June. The Japan Times wrote about it. You may be amazed how hard they play.

突然ですが、ケッピヘボネン(=棒馬)またはホビーホースって聞いたことありますか?Visit Finlandのページに詳しく説明してありますが、要はですね、↓のような棒馬にまたがって本物の馬にまたがっているかのようにして競い合うのです。フィンランドでは乗馬は女の子の間で人気ということもあり、この遊び?競技人口が高まっています。そして今年も国内選手権がセイナヨキで行われました。実際に競技を見てみるとその運動量に驚くかもしれません。この選手権のことはThe Japan Timesでも取り上げられていました。
https://www.japantimes.co.jp/news/2019/06/16/world/offbeat-world/hobby-horse-fans-show-off-skills-finland/

BBQ near a lake / 湖畔でBBQ

This is not an event but many Finnish people enjoy BBQ when the weather is good during the summer time. Many people have BBQ equipment at their garden (limited use through year, though) and there are many free places for BBQ in the nature like this photo. Since it was windy on that day, we used camping tool to bake makkara (=Finnish sausage). Usually people bring makkara, mustard, match or lighter to make a fire. Just make a fire and stick a makkara into a branch and bake it. It’s easy, isn’t it? A makkara is quite big, so you’ll be full easily. Especially eating outside is nice.

これはイベントではありませんが、夏でいいお天気になるとフィンランド人はBBQを楽しみます。庭にBBQを持っている家庭も多いし(年間で使う回数は少ないにも関わらず)、写真のように湖畔や森などの自然の中で無料でBBQできる場所があちこちにあります。この日は風が強かったのでキャンプ用の道具を使っていますが、よくあるのはマッカラとよばれるソーセージとマスタードを持ってきて、小枝や道具に突き刺して火の上で炙って食べるというパターン。薪は準備されているので自分達で火をおこせば簡単にBBQができるのです。それにソーセージもこの通りボリュームがあるのですぐお腹いっぱいになります。外で食べるマッカラ、なかなかのものです。

The temperature was around 25 degrees on that day. Many families enjoyed swimming or sun bathing on the beach. If you travel to Seinäjoki during the summer, I recommend you to buy a makkara and mustard (and lighter or match) at a supermaket and enjoy BBQ in the nature.

この日は25度前後あったでしょうか。湖のビーチでは多くの家族連れが短い夏を存分に楽しんでいました。もし夏の間に旅行されるようでしたらスーパーでソーセージとマスタード(とライターかマッチ)を準備して自然の中でBBQを楽しむのも一つの手ですよ。

Provinssi

I wrote about Provinssi that is music festival held in Seinäjoki. It is one of the biggest festivals in Finland and held in the end of June every year. People can enjoy live music, eating food or meeting friends in the rich nature. The lives continue until midnight thanks for a long day time.

以前ブログでも紹介しましたが、毎年6月の終わりにフィンランドの中でも大きなProvinssiという野外フェスティバルが行われます。自然豊かなエリアでライブを楽しんだり、おいしい料理を堪能したり、はたまた久々にばったり会った知り合いと話したり。遅くまで沈まない太陽のおかげで深夜までライブは続きます。

 


(This is not this year’s photo./今年の写真ではありません。)

Thank you for reading this article. I’ll skip next blog for my summer vacation. See you in the end of August. Hyvää kesää (= Have a nice summer)!

いかがだったでしょうか。さて来月は勝手ながら夏休みのためブログを休みます。次回8月の終わりにまた。Hyvää kesää(=よい夏をお過ごしください)!

Share This