123456789

Moi!
The winter (to me, but not to Finnish people) has come after the autumn equinox. Leaves of trees are changing colour day by day and many leaves cover the surface of the ground.

Moi!
秋分も過ぎ、こちらは一気に(私にとっては)冬がやってきました。日に日に木々の葉は色づき始め、地面にもたくさん枯れ葉が落ちる季節となりました。

 

Well, we have SeAMK(= Seinäjoki University of Applied Sciences) in Seinäjoki. Its campus situates with a good view of the river. About 5000 students study there and it provides 19 bachelor degree programmes, 8 master degree programmes and 3 of them are taught in English. I found their video, so if you’re interested in it, please watch it!
https://www.youtube.com/watch?v=T86uVvKa24c&feature=youtu.be

さて、セイナヨキにはSeAMK(=セイナヨキ応用科学大学)があります。そのキャンパスは川沿いの眺めのいい場所にあります。生徒は約5000人、19の学士のコース、8の修士のコース、そしてそのうちの3つのコースが英語のコースです。大学の紹介ビデオがあったので興味のある方はどうぞ!
https://www.youtube.com/watch?v=T86uVvKa24c&feature=youtu.be

 

I would like to show you a new campus building of SeAMK this time. Health Care and Social Work department and the university library are in this building. Restaurant is also there. Generously, the library is open to everybody, so I visited there!

今回はSeAMKの新しい建物がオープンしたのでご紹介します。この建物はHealth Care and Social Work学科の講義室があるのですが、1階がSeAMK全体の図書館になっていて、2階がレストランと講義室、3階が講義室となっています。図書館は誰でも利用できるそうで、オープンしたので行ってきました。

 

This is typical “Northern European” space. (Northern European style is very popular in Japan nowadays.) It is simple but not vivid design and muted colours are used. This wonderful furniture is just placed next to bookshelves.

とにかく全体が北欧調とよばれるシンプルで落ち着いた色合いの家具が使われ、落ち着く空間がたくさんありました。これらがさりげなく本棚の横に配置されているのです。

 

This is a part of library space. The soft and natural light wraps this relaxing space. Students enjoyed discussing with friends, or just chatting. Some students studied with PC sitting on a comfortable chair. Each person has each way to spend his/her own time.

そしてこちらも図書館のスペース。広々としていて明るい空間が広がっています。学生達は友達とディスカッションをしたりおしゃべりを楽しんだり、またPCを広げて勉強していたりと各々の時間をゆったりと過ごしています。

 

There are meeting places with partition at end of this space. Being relaxed in open space is nice but it is sometimes needed closed space. By having a partition it’s easy to concentrate on.

この閲覧スペースの端にはパーティション付きのミーティングスペースも。オープンスペースでリラックスするのもいいですが、ちょっとパーティションがあるだけで気を散らすことをなく集中できますよね。

 

I checked lecture rooms, too. I was a little bit surprised because both sides have whole glass windows. It may be disturbed when someone walks in the corridor but at the same time students may tend to show how hard they are studying. From the window you can see the river view and FRAMI buildings including other SeAMK departments are in the other side of the river.

建物が素敵だったので講義室もちょっと拝見。斬新なのが廊下側もガラスということ。ちょっと廊下を歩いている人がいたら気が散りそうですが、逆に講義を受ける側も気が引き締まるということ。そして窓からは川と向こう岸に建っているSeAMKが入っているFRAMIの建物群も見えます。

 

Restaurant has also warm atmosphere because of natural wood materials. It is connected to the next building.

レストランもぬくもりのある木の印象が強い開放的なスペース。隣の建物とつながっていました。

 

Stairs were made of wood. And I found the lamp hung from the ceiling was unique. It’s futuristic, isn’t it?

木の階段もさることながら気になったのは天井の吊り下げ式ランプ。このランプからも温かい光が放たれていました。

 

I am often impressed by Finnish public space, schools or houses. Finnish people take good care of them to spend comfortable and relaxed time. I guess one of the reasons is Finnish long and cold winter. For example, muted colours that create good harmony are preferably used. And it works well.

いつも思うのですが、冬が寒くて長いために室内で過ごすことが多いためかフィンランドの公共のスペースなりオフィスなり学校なりそして家庭なり心地よく過ごすことができるような要素がたくさん散りばめられています。例えば色合いも色の調和を大切にした落ち着いたトーン。それぞれのこだわりが感じられ寛ぐことができるのです。

Aalto Centre that was designed by Alar Aalto is attractive, but I would also recommend this kind of modern and new buildings.

アルヴァ・アールトが設計したアールトセンターも魅力ですが、こういった新しい建物を見るのもおもしろいかと思います。

Address / 住所: Kalevankatu 35 (Campus House), 60100 Seinäjoki
Opening hours: Mon – Fri 9:00 – 18:00
開館時間:月~金 9:00~18:00

 

Hauskaa syksyää! (= Have happy autumn!)

Hauskaa syksyää! (= 楽しい秋をお過ごしください。)

Share This