123456789

Moi!
The temperature went up around 20 degree in the latter part of April and sunny and warm days have continued. (It will be a little bit colder in May, though.) And hay fever season has come to Finland, too.

Moi!
4月の後半になって一気に春めいてきました。気温も20度前後まで上がり、お天気のいい日が続く日もありました。(5月になって少しまた寒くなったりするのですが。)フィンランドでは少し遅めの花粉が飛び始める時期でもあります。

 

I have happy news. Finally Central Market (=Keskustori) is open. This place is the core for the city development plan here in Seinäjoki. New apartment houses, office buildings or shops are designed to surround it. Coffee pavilion will be built in this market a little bit later. Thanks for the good weather, more and more people are attracted to come here.

さて、この度長年(?)セイナヨキ市民が待ちわびていた中央広場(Keskustori)がオープンしました。これは都市開発計画の中核となる場所で、この広場を中心にアパートやお店が囲むように並ぶよう設計されています。中央広場のコーヒーパビリオンの建設はまた少し後になりますが、お天気がいいこともありとにかく新しい中央広場にどんどん市民が集まっています。

 

Are you interested in the previous under construction picture? As you see it below, this area was surrounded by fences. That means you couldn’t walk through. Neither could cars. We had had to be patient for a while.

工事中はどんな感じだったかというと、このようにフェンスが張り巡らされていて、通り抜けができなかったり、車両は通行止めになったりと何かと不便だったのです。

I remembered the interesting pop-up restaurant was held at the event in the under construction area. Juurella Restaurant opened a pop-up restaurant at Kaupunginyö event that was held in September, 2017.

イベントの時などは工事現場でポップアップレストランが開かれたこともありました。ちなみにこれは2017年9月にあったKaupunginyöの一環で中央広場に面するJuurellaレストランのポップアップショップです。

When this Central Market was open, it was just open area. Luckily, this statue named Horsma (=Fireweed), made by Risto Pentikäinen was placed at first. Horsma was selected in the competition. Since it is 4,7m high, you can see it from far. This flower statue receives spring sunshine with big petals. Regarding the sun light, it was made in Kuopio, where is 100 km to north from Seinäjoki. Risto Pentikäinen was a little bit worried how it looked like because the difference of sun light in Kuopio and in Seinäjoki. Fortunately, his worry was in vain.

この中央広場がオープンしてがらんどうだったところに最初に運ばれてきたのはこのオブジェ。Horsma(=Fireweed)というRisto Pentikäinenさんの作品です。このオブジェはコンペで選ばれたもので4.7mの高さがあるので遠くからでも見ることができます。春の陽射しをしっかり受けている姿が様になっています。この作品はセイナヨキから100kmほど北のKuopioで制作されてため、Risto Pentikäinenさんは光の加減がどうなるか心配だったそうですが、この通りすっかりなじんでいます。

Following this statue’s settlement, ice cream stands came out as I imagined. Yes, 5 ice cream stands! Do you know that Finnish people like ice cream and their consumption is top level in the world. When the temperature goes up 15 degree, it’s good weather for them (including me) to eat ice cream outside.

そして次に現れたのは予想通りアイスクリームスタンド。ちなみに他に4つも。フィンランド人はアイスクリームの消費量、世界で1、2を争うほどのアイスクリーム好きの国民なのです。15度以上になれば十分外でアイスクリームを食べられる気温です。

 

Official opening ceremony of Central Market was on April 27th. So many people came there to celebrate. It was sunny day and the temperature was around 20 degree – just perfect.

そして4月27日にこの中央広場のオープニングセレモニーが行われました。こんなにも多くの人達が集まりました。気温も20度と夏を思わせるお天気。

Special stage was set on that day. The interview was held to the people who were related to build it. The background of the stage is of course the Capital of Space – Seinäjoki.

当日は中央に特別広場が設けられていてこの広場の建築担当者のインタビューがあり、その思いなどを聞くことができました。ちなみにステージの背景はthe Capital of Space – Seinäjokiです。

This was the moment of “official opening” of Central Market.

その後は関係者によるテープカットが行われました。

There was a corner for kids to enjoy (making something?).

当日は子どもが楽しめるコーナーも設けられていました。

As you see, many people came to cerebrate this new Central Market. I had a positive and happy feeling. I also met some friends and shared nice feeling with them.

たくさんの人達がこの新しい中央広場のオープニングセレモニーを楽しみに集まってきました。私も何人かの友達に会い、このポジティブで幸せな気持を一緒に共有することができました。

This statue is called Yrittäjä-Jussi (=entrepreneur, Jussi) was moved just a few days before the ceremony. It was in the school yard. After school’s moving, it hadn’t been decided where it would be moved. Finally it came to Central Market. It was made by Aarne Hakala-Rahko who is from Koskenkorva, Ilmajoki – next to Seinäjoki. Yrittäjä-Jussi symbolizes many factors in this area. First of all, many people come to be entrepreneur, that’s why his name is Yrittäjä-Jussi. And he wears “Jussi” sweater that also symbolizes this area. He wears small knife called “puukko” that is also famous product in this area. So those who are from this area, this statue would make him/her smile seering these factors. (He’s a little bit skinny and small, though.)

そしてこのオープニングセレモニーの数日前にYrittäjä-Jussi(起業家Jussi)像がこちらに移されました。こちらの像は元々学校の庭にあったのですが、学校も別の場所に移転し、その設置先が未定だったところにこの中央広場移転が決まりました。作者はお隣イルマヨキ、コスケンコルヴァ出身のAarne Hakala-Rahkoさんの作品とのこと。このYrittäjä-Jussiにはこの地方の色々な要素が詰め込まれています。まず自分で起業する人が多いこと、またこの像が着ているセーターはJussi paitaとよばれ、この地方を象徴する柄。腰にはPuukkoとよばれるナイフが。このナイフもこの地方の特産。この地方出身者が見るとにんまりとしてしまう要素満載なのです。(その割にはちょっとこじんまりとしているのですがね。)

The day time is getting longer and longer. More and more people will go outside to enjoy the sunshine. I assume many people want to spend their time in this new market from this spring. Iloista kevättä!(=Have a happy spring!)

これからどんどん日も長くなり、多くの人が外に出かける機会も増えてきます。今年からこの中央広場で楽しいひと時を過ごす人たちが増えそうですね。Iloista kevättä!(=楽しい春をお過ごしください。)

 

Share This