123456789

Moi!
Finnish summer is extremely warm, I mean “hot” this year. When temperature goes over 25 degree, we call it “summer” day in Finland. These summer days are sometimes quite rare –  for example, we had only 11 summer days in last year. But almost every day has been over 25 degree and sometimes over 30 degree in July this year. July is summer vacation for many Finnish people. Many of them enjoy their summer vacation with swimming, rowing boat or fishing in the river, the sea or the lake.

Moi!
今年のフィンランドの夏は異常気象といって問題ないぐらい暑い夏です。25度を超えたら夏日のフィンランド。年によっては夏日がめったにないこともありますが、今年は連日のように25度を越え、時には30度を越える日が続いています。まさに夏休みをいいお天気の中、川や海、湖などに入りながら満喫している人が多いと思われます。

For myself I had spent my summer vacation in Japan. I have noticed that more free Wi-Fi spots have been added, more escalators and elevators have also been added in the station and English explanations have been added in many places because Tokyo Olympic will be held two years later – in 2020.

私自身は夏休みに日本に帰省していました。1年ぶりの日本、2年後の東京オリンピックに向けて少しずつ無料Wi-Fiを使えるところが増えていたり、駅の中にスーツケースを持って上り下りしやすいエレベーターやエスカレーターも増えていたり、英語の表記も増えていました。

I would like to write about the difference of hotels between in Finland (or Europe) and Japan because I noticed several differences when I stayed in Japanese hotels.

今回は日本のホテルに泊まってみて、フィンランド(またはヨーロッパの)ホテルとの違いがいくつかあったので、それをご紹介します。

 

  • Check in and Check out time /チェックイン、チェックアウトの時間

Generally, check in time is 15 o’clock and check out time is 12 o’clock. You can enjoy your stay in the morning. (Japanese check in time is usually 15 o’clock and check out time is 10 o’clock.)

一般的にはチェックインは15時、チェックアウトは12時なので午前中まで比較的ゆっくりすることができます。

 

  • Items that you should take with you / 持って行った方がいいもの

Toothbrush and toothpaste: These are available in most of Japanese hotels but they are not included as amenity in European including Finnish hotels. I highly recommend you to bring them with you. A shaver and comb aren’t available, either.

歯ブラシセット:日本のホテルには必ずありますが、フィンランドを含むヨーロッパのホテルのアメニティには含まれていないので持っていくことをお薦めします。ヘアブラシ、男性の方は剃刀もありませんのでご持参ください。

Shampoo and conditioner: Shampoo and body soap are available in all hotels. But body soap sometimes is used as a shampoo, too. Some shampoo may not fit with Asian hair. If you want to care of your hair, I recommend you to bring it with you. Addition to that, conditioner isn’t provided in some hotels. If you need it, you had better bring it.
On the contrary, body cream is sometimes provided because the weather is drier than Japan. You can see the weather difference from the amenity in hotels.

シャンプー、コンディショナー:シャンプーはどのホテルにもありますが、ホテルによってはボディーソープと兼ねていたり、あまり質の高いものが置かれていない、または日本人の髪質に合わないものが置かれていることもあります。気になる方は持っていくといいでしょう。コンディショナーもないホテルがあるので同様に。
ホテルによってはボディークリームがあるところも。日本と違って乾燥しているからですが、こういうところも気候の違いを感じます。

Towels: Usually bath towel and facial towel are prepared but you can’t find body towel. If you use body towel at home and want to use it, you had better bring it.

タオル類:ホテルにあるのはバスタオルと普通のタオルのみの場合がほとんどで、ボディタオルはありません。こちらの人は体を洗うときはタオルを使わないからです。体はボディタオルで洗いたい方は持参をお忘れなく。

Pajama, slippers: Most of the hotels don’t provide pajama and slippers. (Some hotels that have spa may provide bathrobe and slippers.) We take off shoes in a room in Finland, so I recommend you to bring portable ones if you have. I always put them in my travel bag not to forget to bring them.

パジャマ、スリッパ:パジャマもスリッパも基本的にありません。(ちなみにフィンランドでは室内では靴は脱ぎます。)私はスリッパは忘れがちなので旅行用バッグに初めから携帯用スリッパを入れています。

Regarding hair drier, you don’t need to bring it. Even if you can’t find it in a room, you can ask the front desk.

ちなみにドライヤーは持参する必要はありません。万が一部屋になくてもフロントに聞いたら貸してくれます。日本のホテルでは最近は浴室以外で使えるドライヤーが多いですが、こちらのホテルはバスルームに備え付けられているものが多いです。

 

  • Furnishing, facility /備品、施設

Refrigerator: Some hotels may have it but some hotels don’t. It may be risky if you have something that should be kept cold.

冷蔵庫:日本ではほとんどのホテルに冷蔵庫が備え付けられいますが、こちらのホテルでは中には備え付けられていない場合もあります。冷やす必要があるものを持参するのはリスクがあるかもしれません。

Bathroom: You may want to be relaxed in the bathtub after long travel day but many rooms don’t have it. Many houses have own sauna or common sauna but seldom houses have bathtub in Finland. Even shower room in a hotel may be simple – for example it has only shower curtain, not wall and water may spread over the bathroom floor. But you don’t have to worry about it. The floor may have heating system and will be dry quickly.

バスルーム:日本ではバスタブにつかってゆっくり旅の疲れを癒したいところですが、フィンランドのホテルでは必ずしもバスタブがある訳ではありません。ちなみにサウナの普及率は高いですが、バスタブがある家はめったにありません。またシャワーも仕切りが簡易で浴室の床にまでお湯が流れ出ることもありますが、床暖房のおかげですぐに乾燥することが多いので気にする必要はありません。

Bidet: Some of you may have heard about Japanese high technology bidet. Finnish hotel has hand shower bidet. This video is a little bit different from usual one but you can get the image how to use it.

温水洗浄便座:これは多くの方がご存じかと思いますが、海外ではあまり見かけません。ただフィンランドには手動ウォシュレットは備え付けられているので、興味がある方は是非お試しください。詳細はこちらのページに詳しく紹介されています。

Sauna: Some hotel may have sauna. If you’re lucky, you may have own sauna in your room. Or you can experience common sauna. Basically sauna is divided for men and for women. Usually we don’t wear swimwear in that case. You would be refreshed and sleep very well after taking sauna, I promise.

サウナ:ホテルによっては共用サウナ、または部屋の中にサウナがあることも。共用サウナは基本的に男女別で温泉と同様基本的に水着などの着用なしに入ります。バスタブの代わりにサウナに行くのもお薦めです。

 

  • Ecology friendly /連泊する時

Most of European including Finnish hotels try to be Eco-friendly. So when you stay at the same hotel more than 2 nights and want to change towels, you just leave them on the floor. Then you can get new towels after cleaning. If you are all right to use same towel, you just keep hanging it.

日本でももしかしたら普及し始めているのかもしれませんが、フィンランドを始め多くのヨーロッパのホテルでは環境問題に配慮してタオル交換を減らすことが推奨されています。連泊し、タオルを交換しなくてもいい場合はそのままに、もしタオルを交換してほしい場合は床の上に置いておくのが一般的です。

 

  • Others /その他

Breakfast: I suppose more Finnish hotels offer stay with breakfast than Japanese ones. Typical Finnish breakfast is buffet style. Many Finnish people put salad, ham, cheese etc on rye bread. Many of my Japanese friends like Karjalanpiirakka –  rice porridge pie. I recommend it. When you stay at hotel in the suburb, it may be difficult to find a grocery store near the hotel. It would be better to take hotel breakfast.

朝食:朝食込みのホテルが多いです。多くはビュッフェスタイル。ライ麦パンなどの上にサラダやハム、チーズなどを載せて食べるのがフィンランド流。他にもお米のお粥が入っているカリヤランピーラッカは日本人の舌に合う優しい味なのでお試しいただきたい料理の一つです。日本のような24時間営業のコンビニはあまりない(特に郊外)ので、ホテルの朝食がある方が無難かもしれません。

Sauna etc: As I mentioned above, some hotels have sauna. Addition to that, some hotels may have spa or gym. When you stay at a hotel with those facilities and you’re interested in it, you had better bring swimsuits or training wear and so on.

サウナ等:上記でもふれましたが、フィンランドのホテルにはサウナがついていることもあります。さらにSPA付きのホテルやジムがあるホテルもあります。そういったホテルに宿泊する時は興味のある人は水着やトレーニングウエア、シューズなど持参して楽しむのも一つの手です。

You can find hotels in Seinäjoki from this site. Enjoy your stay and hyvää kesää (= have a nice summer)!

セイナヨキにあるホテルは英語ですがこちらのページからご覧いただけます。Hyvää kesää(=素敵な夏をお過ごしください。)

 

Share This