123456789

Moi!
Time flies. Today is the last day of 2019. Was the year of 2019 good for you?

Moi!
早いもので2019年も今日で終わります。皆様にとって2019年はどのような年になったでしょうか?

 

Japanese New Year’s Eve is same like Finnish Christmas. All the family members get together and celebrate the new year. Many shops are closed. The centre of towns are very quiet. On the contrary, the biggest event in Finland on new year’s eve is

日本では大晦日から新年にかけては除夜の鐘が鳴り、家族で集まり、年越しそばを食べながらゆっくり年を越しますが、フィンランドではそれがクリスマスに当たります。(もちろん年越しそばも除夜の鐘もありませんが。)フィンランドの大晦日の日といえばfirework! Firework is allowed to use in limited days here. New Year’s Eve is one of them. And the last weekend of summer cottage is also allowed to enjoy it especially in this area. (Not all Finnish cities) Fireworks are sold in these limited time for example, at supermarkets. Seinäjoki city also has firework event on New Year’s eve. But don’t expect too much like big show that takes about one hour in Japan. One of the reasons is coldness. Can you imagine how cold the midnight of December 31st in Finland? Due to the reason I usually spend at home. In fact I took this picture in Levi, Lapland.

花火です。こちらでは大晦日、そしてこの地域ではサマーコテージ最終日に限って花火を上げてもいいと決められています。(フィンランドの別の地域ではサマーコテージ最終日の花火の習慣はないそうです。)従って期間限定で花火が店頭に並びます。セイナヨキ市でも大晦日から新年に変わる瞬間に花火が上がります。ただし日本の花火大会のように1時間のプログラムではなく数発上がっておしまいです。一つの理由は12月31日の深夜は例年だとかなり寒いのです。実際そんな時になかなか外出して花火を見ようというモチベーションが起きなくて参加したことがほとんどないのです。上の写真はラップランドのLeviでの花火。

 

But I went to see fireworks 3 years ago because the year of 2017 was Finnish 100th Independence year. The bell tower of Lakeuden Risti was lighted up with logo “Suomi (=Finland) 100”.

ただフィンランド独立100周年を迎える年は行きました。ラケウデンリスティの時計塔には”Suomi (=フィンランド)100”とライトアップされていました。

 

Christmas is family or relative gathering time and New Year’s Eve is friends’ gathering time here. That’s why sausage called “nakki”, potato salad are usually eaten then. Sometimes Mexican food like tortilla is also popular. You can’t forget snacks like potato chips and of course  beer or coke at the party. It’s easily cooked. No pressure to prepare for gorgeous dishes but just enjoy the party. This is Finnish way. I was invited by my friend. About 50 people was invited. We enjoyed dishes (they were gorgeous, though), chatting and enjoyed fireworks, too.

そしてクリスマスは家族や親戚が集まって祝いますが、大晦日は友達同士で集まることが多いです。またそのためnakkiとよばれるソーセージやポテトサラダなどを食べたり、最近ではトルティーヤなどのメキシカンも好まれています。パーティーに欠かせないポテトチップなどのスナック類、ビール、コーラなどを買い込んでいる人もよく見かけます。簡単な料理でパーティーを楽しむのがフィンランド風。この写真は2年前に友達の家でのパーティー。50人ぐらいの人が集まって料理(この時はご馳走でした)をいただいた後に年が変わった瞬間に庭で年越し花火を上げました。

 

Small fireworks for kids are sold but bigger ones – in a sense more dangerous fireworks are sold, too. That’s why protection glasses are recommended to use. The sound of firework is seasonal tradition of New Year’s Eve.

線香花火のような子どもでも楽しめる小さめの花火もあるのですが、結構こんな過激な花火もたくさん売られています。そのため目を保護するための眼鏡をかけて花火をすることが推奨されています。夕方近所で花火の音が聞こえてくるのは大晦日の風物詩です。

 

I haven’t tried yet but some Finnish people enjoy tinan valanta(=Molybdomancy) at New Year’s Eve. This tradition is not only in Finland but also Germany, Austria, Switzerland,the Czech Republic, Turkey, and Bosnia and Herzegovina. According to Wikipedia,

Lead shapes are melted in a ladle over a flame, and the molten liquid is then poured into the water. The resulting shape is either directly interpreted as an omen for the future, or is rotated in a candlelight to create shadows, whose shapes are then interpreted.
The shapes are often interpreted not only literally, but also symbolically: a bubbly surface refers to money, a fragile or broken shape misfortune. Ships refer to travelling, keys to career advancement, a basket to a good mushroom year, and a horse to a new car.

私はまだ試したことがないのですが、tinan valanta(=錫占い)をする風習もあるそうです。この風習はフィンランド以外にもドイツ、オーストリア、スイス、チェコ、トルコ、ボツニア・ヘルツゴビナなどでも行われているもので、錫などを火で溶かし、水の中に入れてその形が何に見えるかで占うもの。Wikipediaによると例えば表面にぶつぶつがあったらお金、壊れそうな形なら不幸、羊の形は旅、鍵の形は仕事運上昇、かごの形はキノコがたくさん生える年、馬の形は新しい車などの意味があるとのこと。特にかごからキノコを連想するのはいかにもフィンランドらしいですね。

 

By the way, I took this picture in November. It was light-up event in Aalto Centre. The bell tower was lighted up, video was shown on the wall of Lakeuden Risti. This projection will be held on New Year’s Eve, too. Lakeuden Risti and Seinäjoki City celebrates 60th anniversary in 2020. The video is about the building history of Lakeuden Risti that was shot from 1950 to 1967

ところでこちらの写真は11月にアールトセンターで行われた光のイベントで、ラケウデンリスティの時計塔がライトアップされ、教会の壁にプロジェクター投影されたものです。そして大晦日もこのイベントが行われる予定です。2020年にラケウデンリスティ教会とセイナヨキ市が60周年の記念の年になるためです。そして投影される内容は1950年から1967年の間にセイナヨキで撮影された教会が建てられていく様子。

 

Seinäjoki City plans to concentrate on culture activities more in 2020. For example, Kalevan Navetta museum will be open in the end of March. Adult education centre, that is very popular for citizens who want to learn something will be moved to Campus area. I’ll write about those activities later.

2020年はセイナヨキは文化に力を入れていく予定です。まずは3月末にオープンするKalevan navettaの美術館、また市民の学びの場としておなじみのコミュニティーカレッジもキャンパスエリアに移転と新しい動きがありそうでそれも楽しみです。また詳細はこちらのブログで紹介していきます。

 

May the year 2020 be fulfilled with joy and happiness. Hyvää Uutta Vuotta (=A Happy New Year)!

2020年が皆様にとってさらに充実したよいお年となりますように。Hyvää Uutta Vuotta(=よいお年をお迎えください。)

Share This