123456789

Moi!
皆さんのお住いのところはまだ暑さが続いているでしょうか?こちらはかなり秋モードになってきて、特に朝晩は肌寒いです。これから少しずつ木々の葉っぱが黄色く、または赤くなっていきます。

 

さて今回はセイナヨキから車で1時間ほど離れたÄhtäri動物園をご紹介したいと思います。このÄhtäri動物園に2018年にLumiとPyryというジャイアントパンダがやってきました。スノーパンダと銘打ち、フィンランド国内外からも注目を集めています。下の写真は2018年の3月に行った時に撮った写真です。この日はスノーパンダの名前にふさわしく雪と戯れて遊ぶ姿を楽しませてもらいました。

 

えーっと2年経って2020年の夏はこのようにゆったり寛いでおります。寛ぎながらも足の裏を見せてくれたり、片目を覆ったポーズがなんともキュート。こちらはメスのLumi。

 

一方オスのPyryは優雅に食事中でした。朝一番で行ったらちょうど食べているところを見られました。(日中は昼寝をしていることが多いです。)

 

Ähtäri動物園(に限らずフィンランドの動物園)は自然に囲まれた敷地内を歩きながら動物を見て回るスタイル。冬でもオープンしていますが、冬眠中の動物もいるかもしれません。逆に暑さが苦手な動物は夏は涼しいところに隠れて見えないかもしれません。ですが、それは動物主体で、自然の環境で過ごしているのを見せるいい形だと思いませんか。

 

ジャイアントパンダが来る前はこのレッサーパンダが人気者だったかもしれません。先日行った時は顔をこちらに向けていなかったので以前の3月に撮った写真をどうぞ。

 

こちらはただのネコではなくオオヤマネコ。比較するものがあまりないので普通に見えるかもしれませんが、結構大きいです。 普通のネコより気迫を感じるのは気のせいでしょうか。

 

ヘラジカがなぜかどれも背中を向けて座っていました。ヘラジカは大人になると700kg越えのものあり、しかも夜行性なので暗い夜道に出てくることもあり、ヘラジカの交通事故は毎年絶えません。と、そんな面も持ち合わせています。 ここにいるヘラジカは安全ですね。

 

動物園内にはこのようにちょっと歩き疲れた?子どもが遊べるところもあります。

 

そして本格的に遊びたい場合はFlowparkが同じ敷地内にあります。申し訳ないことに前回写真を撮るのを忘れており、3月の時撮った写真(↓)しかありませんでした。ちなみに冬季は休業中。営業時間はこちらのページ(英語)でご確認ください。
https://www.flowpark.fi/en/ahtarizoo/

 

動物園にはパンダ尽くしのお土産もたくさんあります。もちろんパンダ以外のものもありますが、ね。

 

同じく敷地内にはランチやお茶するスペースもあるのでご心配なく。

住所:Karhunkierros 150, 63700 Ähtäri
行き方(英語):https://www.ahtarizoo.fi/index.php/en/how-to-get-here
営業時間(英語):https://www.ahtarizoo.fi/index.php/en/opening-times

 

今回さらにご紹介したいのはサウナレストラン、Kiuluです。ご存じの方もいるかもしれませんが、近年フィンランドのあちこちで公共サウナがオープンしており、人気を集めています。そしてこれもそのうちの1つ。フィンランド語のみですがWebはこちらからどうぞ。
https://kiuluun.fi/

 

Kiuluを設計したのはStudio Puisto。ご覧の通り木目調の落ち着いた室内と湖が一望できるテラス。この日はいいお天気だったのでテラスで食事する人が多数。

 

左側の桟橋はサウナ利用者が使うもの。夏はパドルボートも楽しめるそうです。
サウナは夏季は毎日オープン、それ以外は予約ベース。男女共用なので水着もお持ちくださいね。価格は大人が15ユーロ、大人同伴の16歳以下の子どもは6ユーロ。価格にバスタオル、サウナマットレンタルも含まれています。サウナで温まったら湖でクールダウンしてもいいですし、レストランやテラスでゆっくりできるし、サウナの横にも休憩スペースがあります。

 

そう、2階にもレストラン客もサウナ客も湖を眺めながらゆっくりできるスペースもあります。

 

気になるレストランですが、こちらはヘルシンキで人気のレストラン、Gaijinなども手掛けたTomi Björckプロデュースによるもの。写真の料理はチョリソー・バンズ・ルメスクソースです。見た目も華やかですが、ソースもバンズも美味しく、お腹いっぱいになりました。

住所:Karhukierros 162, 63920 Ähtäri(動物園から歩いてすぐ)
営業時間:https://kiuluun.fi/yhteystiedot/
※Google翻訳を使っているため、不自然な日本語になっていること、あらかじめご了承ください。

 

建築好きの方にお薦めしたいのはHotel Mesikämmen。設計者はヘルシンキにあるテンペリアウキオ教会を設計したTimo and Tuomo Suomalainen兄弟。岩の教会とも称されるテンペリアウキオ教会を思い出させる岩盤をくり抜いて作ったホテル。すべての部屋は地下にあり、サウナにプール、ジム、そしてなんとボーリング場もあります。 住所:Karhunkierros 149, 63700 Ähtäri(動物園から歩いてすぐ)

 

動物園の後にショッピングはいかがでしょうか?車で30分ほど離れたところにフィンランド最大のデパート(とWebには書いてありますが巨大スーパー)、Keskisen Kyläkauppaがあります。左の2階以上と右側全体はホテルになっています。

 

お店は食料品が売られているスーパー部分とそれ以外の部分に分かれており、そこにはフィンランドでおなじみのブランド、マリメッコや

 

Iittalaコーナーもあり、他にもスポーツ用品、家電製品、化粧品なども売られており、お買い物好きの方はここでも十分に楽しい時間を過ごすことができるはず。 住所:OnnenTie 7, 63610 Tuuri
営業時間:https://tuuri.fi/en/opening-hours/

 

セイナヨキに来られた時にÄhtäriを組み合わせての旅行もお楽しみいただけるのではないかと思いご紹介いたしました。

 

Hyvää loppukesää tai alkusyksyä!(=素敵な夏の終わり、または秋の始まりを!)

Share This