123456789

Moi!
長い冬もようやく終わりに近づいています。(まだ雪は一部残っていますがね。)3月の終わりに夏時間が始まり、一日ごとに日がどんどん延び、あちこちに春の兆しが感じられます。

 

さて、今回はエテラポフヤンマー(英語ではSouth Ostrobothniaと言われていますが、フィンランド語オリジナルを使っています)というセイナヨキを含むフィンランドの中西部の地区をソーシャルメディアを使って紹介している2人の方を紹介します。

 

まずMark Wiltshearさん。Markはロンドン出身で現在セイナヨキ在住。彼は企業家でポッドキャストも発信しています。フィンランドの生活に関するポッドキャストばかりでなくブログも書いています。ポッドキャストはエテラポフヤンマーの魅力をより多くの人達に知ってもらおうと2014年の12月に始めたそうで、現在は実に4つの別のテーマ(観光、サッカー、国際ビジネス、アフタリ動物園)のポッドキャストチャンネルを持っているとのこと。Markの声は落ち着いたトーンで英語も聴き取りやすいし、そして何よりよいインタビュアー。英語の勉強にも適していますよ。

 

Glenn Murrayさんはオーストラリア出身。観光業に非常に興味があり、実際オーストラリアでは観光業界で働いていたそうです。趣味はスキー、マウンテンバイク、モトクロス、スノーモビールなどのアドベンチャー系スポーツ。彼は ”the_nordic_tourist” という名前で Youtubeでフィンランドの自然や文化に関する動画を配信しています。もともと高校生の頃にビデオ撮影の趣味があったそうですが、当時はYoutubeもなく発表の場がなかったとのこと。それが現在観光業と動画という興味のある分野をうまく組み合わせて活動するに至っています。私は動画を作る大変さはよくわかっていないのですが、それでも彼の動画を見るとプロが作った作品のように美しく、またスムーズに見ることができ、動画ならではの魅力が伝わってきます。英語の字幕設定もできるので、興味のある方は字幕オンで見てみてください。彼の撮った写真もまた素晴らしいものばかりです。

 

世界に向けて興味深いポッドキャストを発信しているMarkと、写真や動画撮影の素晴らしい技術と知識を持ち合わせ、そしてちょうどインターンとして働く場所を探していたGlenn。そして2人ともエテラポフヤンマーに住む移民という共通点があり、彼らが協力して仕事を始めたのは自然なことだったのかもしれません。左がGlenn、右がMark

 

現在彼らは一緒に働いていて、地元の人のインタビュー、動画や写真を撮りにエテラポフヤンマーの色々な場所を訪れています。訪問後、Markはポッドキャストとブログを作り、GlennはYouTubeビデオを作ります。 例えば前回はLappajärvi (Lappa湖)に世界一のアイスカルーセル(無事ギネスブック認定されました!) を作っている時に訪れたとのこと。


Photo: Kotisivukulma and Lappajärven kunta

https://explorefinlandpodcast.com/2021/03/18/world-record-ice-carousel/
このサイトからブログを読むことはもちろんのこと、動画を見たりポッドキャストを聞いたり、写真を見ることができます。まさに今らしい理想的なコンビネーションですよね。

そしてせっかくなので2人にエテラポフヤンマーの魅力について聞いてみました。驚いたことに次々に出てくる、出てくる。いくつか聞いたことがあるところもありましたが、知らない場所/魅力もあり、私にとっても新しい発見でした。

 

まずは食 (食品関連はこのエリアではメインの産業)、歴史 (例えば ナプエでの戦い)、夏に行われる大きなイベント (Provinssiタンゴフェスティバル、イルマヨキミュージックフェスティバル等)、ゴルフコース(3つあるそうです)、クオルタネにある大きなスポーツ施設、フィンランド最大のデパート – Tuuri、コスケンコルヴァの工場(フィンランドで一番有名なウォッカブランド)、キュロ ディスティラリー カンパニー(日本でも売られている、また世界的にも有名なジンブランド)、ラプアにあるLapuan Nammo(狩猟や射撃のスポーツで世界的に有名な弾薬Ähtäri動物園(フィンランドの3大動物園の1つでパンダもいます)等。このうちの1ヵ所だけのために来るのはもしかしたら物足りないかもしれませんが、これらの要素を組み合わせたら1回の旅でも色々なことができます。

 

気になるMarkとGlennが発信しているソーシャルメディアのリンクはこちらからどうぞ。

 

こちらのアカウントをフォローしておけば新しい情報の通知が受け取れます。

 

最後にMarkとGlennが今後の計画について語ってくれました。現在行っているのは既に起こったことや、今起こっていることまたはおもしろい場所の紹介です。イベントのその時の様子を知るのもおもしろいのですが、自分自身で見ようと思っても既にそれは終わっています。なので今後はエテラポフヤンマーで”これから”行われるイベントについて紹介したいとのことでした。そうすることにより地元だけでなく旅行に来る人達にとってもあらかじめどんなイベントがあるか知ることができ、スケジュールを調整することができます。実はエテラポフヤンマーのイベントカレンダーはフィンランド語ではあるのですが、少なくとも英語の情報があるとフィンランド語の苦手な人達にとっては有り難い情報になるはずです。彼らはより多くの人達にイベントやアクティビティを楽しんでもらおうと色々企画を練っているそうです。そして彼らの活動が将来的に他の人が働く機会をもたらすことも望んでいます。

 

最近ではソーシャルメディアが多くの人々の興味を引くための役割をけん引しています。当面コロナの影響で自由に気兼ねなく旅行するのは難しいですが、まずは彼らの作った動画、ポッドキャスト、ブログ、写真等で旅に出た気分を味わってみてはどうでしょうか。

 

Hyvää kevättä! (= 素敵な春をお過ごしください。)

Share This